早漏改善グッズと内服薬の違い

「タダポックス」とは、ED(勃起不全)とPE(早漏)の両方を、1錠で1度に改善できる総合精力増強薬のことです。
タダポックスの成分は、ED治療薬シアリスの有効成分であるタダラフィルと、PE治療薬プリリジーやプリリジーのジェネリック医薬品ポゼットの有効成分であるダボキセチンとが、1錠になったお薬です。
ED(勃起不全)とPE(早漏)は、同時に起こりやすい症状です。
タダポックスは、タダラフィルがEDを改善し、ダボキセチンがPEを同時に解消することで、長時間満足度の高い性行為が可能となるお薬です。
タダポックスは、性交渉の1時間ほど前に、1錠服用します。
1日1錠以上は服用せず、次回服用までには24時間以上あけるようにして下さい。
また、効果の持続時間は、36時間ほどとされています。

ここでは、内服薬であるタダポックスと早漏改善グッズの違いについて、ご紹介します。
従来の早漏改善グッズは、早漏防止スプレーやジェルといった直接ペニスに塗ることにより、感度を麻痺させるという方法でした。
しかしこういったスプレーやジェルは、塗る量を間違えたりすると、感度が鈍りすぎて射精できないというリスクがありました。
PE(早漏)治療薬の有効成分であるダボキセチンは、早漏防止クリームやスプレーなどと違い、ペニスの感度を鈍らせずに射精時間を長引かせるため、性行為自体や射精時の感度を下げることなく、早漏を改善することができます。
PE治療の内服薬は、早漏改善グッズのリスクを改善し、興奮をコントロールする薬として開発されました。
内服薬は錠剤ですので、スプレーや塗り薬とは違い、用量を間違えることも、塗るタイミングを考える必要もありません。

■カッコイイ男になりましょう
サイズプロウルトラ
■早漏とEDの両方とも改善できる医薬品もあります
スーパーPフォース