射精時間が延びると自信が湧いてくる

男性にとって、女性には理解しがたい悩みがあります。
それは、性交渉の時に早漏で射精までの時間が短いことです。
人によって、性交渉の時に射精にかかる時間はそれぞれ異なります。
射精までの時間が長過ぎる遅漏という症状も問題です。
しかし、早漏のほうは性交渉の時間があまりに短くなってしまうことで、お互いが十分に満足できない性交渉で終えてしまうことが問題となります。
早漏は男性にとっては、プライドを傷付けられることもありますので、治療や改善を望む人もいます。

現在では、早漏を改善し、射精時間を長くするための治療薬が登場しています。
射精時間が延びると自信が湧くため、男性にとっては期待の高い薬となっています。
この薬を入手するためには、専門のクリニックで処方してもらうか、個人輸入の通販で購入するかのどちらかになります。
このような薬は基本的に保険が適用されません。
そのため、薬を一粒購入するだけでも1000円以上かかるなど、高額な薬代が必要となってきます。
しかし、この治療薬を服用したことで、実際に射精時間が延びたという結果が臨床実験で報告されています。
そのため、いざという時の性交渉時に服用することで、十分な効果を期待することができます。

早漏治療は焦りが禁物

早漏の問題は男性の自信を奪い、大きなコンプレックスの原因となってしまいます。

早漏の原因として、加齢によるものや全身の疾患によるもののほか、包茎などの問題により鬼頭が刺激に弱いなどの身体的原因があげられますが、興奮しすぎてしまう、ストレスなどの心理的な原因によっても早漏になってしまうことがあります。
早漏治療は焦りが禁物といわれているのはこのためです。

一度早く射精してしまった時に、次回も早く射精してしまったらどうしよう、自分は早漏なのか、と不安に思うことが早漏の原因へと繋がっていってしまうのです。
また、不安感が大きくなりすぎてしまうとEDの原因となってしまうことも十分に考えられます。

早漏は適切な治療や訓練を行うことで改善できる症状です。
早漏治療を行ううえで重要なのは自分を追い詰めることなく余裕を持って行うことです。
気長に治療を行うことで徐々に早漏の症状は改善されていきます。

現在では、内服薬による治療や、注射による治療、早漏改善グッズなど様々な早漏治療が行えるようになっています。

精神的な状態や、体調などによっても左右されるデリケートな問題でもあります。
自分に合った治療法や訓練法を見つけ、早めに対処することも大切です。

手っ取り早く早漏改善ならプリリジー

早漏になった時は医者に診察してもらう人と、インターネット等を使って自分で早漏を治す方法を見つける人がいますが、手っ取り早く早漏改善を望むのであればプリリジーという薬を飲む事です。
プリリジーとは早漏治療のために製造された飲み薬で、効果や安全性はすでに確立されています。
製造しているのは、ベルギーに本社があるヤンセン・シラグ社という製薬企業です。
大規模な臨床治験を行い、早漏改善の効果を証明された世界初の薬です。
海外では早漏治療に革命をもたらしたとも言われています。
プリリジーは世界の10ヶ国で認可されていて、100万人以上の早漏患者が実際に飲んでいます。
日本でも、厚生労働省関東信越厚生局から海外医薬品輸入許可証を得て、プリリジーを出している病院があります。
プリリジーの特徴は、飲んで射精までの時間をのばし、性行為の時に感じる男女の満足感のズレを調節すると同時に、満足感を得るまでの気分も上昇させます。
プリリジーは性行為を始める1時間から3時間前に1錠飲む必要があります。
もし1錠では効きそうになかったり、効かなくても24時間以内に飲めるのは2錠までです。
飲む時は空腹の時でも食事の時でも、気にする事なく飲む事ができます。